単管パイプ 野外専用 DIY ロングベンチ ③ 製作記録 TPJ(Tankan Pipe Joint)

2016-05-16

DIY 単管パイプ 野外専用ベンチ Google 画像へリンク

DIY単管工作 長尺ベンチ 3.600m製作 TPJ

単管パイプ野外専用DIYベンチ Yahoo! japan画像へリンク

単管背付きベンチ Google 画像へリンク

かん太 単管パイプ 野外専用簡単ベンチを製作ました。 サビに強い野外専用金具使用(溶融亜鉛鍍金、ステンレスビス)

単管パイプ ロング ベンチ DIY野外専用タイプ  ( DIY Pipe Bench)

28

野外専用金具ゾロ(ZORRO)タイプの特徴

20

22

26

460

26

4

5

6

7

8

25

野外(ヤガイ)とは:吹きっさらしの状態。
屋外(オクガイ)とは:建物の外だけれど、屋根があったり、雨風がしのげるものがある状態。

野外専用金具(ZORRO) ゾロ タイプの特徴 (Z-1-3K・Z-3-2T・Z-4-2L)

① サビに強い:溶融亜鉛鍍金:ステンレス止めビス仕様

② 作業性が良い:購入時から、ビスを緩めずにパイプを挿入出来る、パイプ ジャスト イン方式採用

③ 最強の引張強度:5665N(578kg) M8mmの標準締めトルク12.5n

④ 止めビスの突起が無く金具にフィット:金具の表面と止めビスが平らで、締めトルク12.5nの目安です。

金具類の使用数量 注意:野外専用金具、ステンは無塗装で使用、屋外金具は塗装して使用。

9

金具使用箇所

24

単管パイプ切断長さと本数 パイプは主に再利用と不足分は購入しました。

3.560mm×2本 300mm×5本

19

10

ベンチ尻板用38×178×3650 1枚 とパイプ不足分4m1本 HC様より購入しました。

22

板防腐材処理とパイプ塗装

13

組立開始

11

組立開始

14

27

水平調整必要な機能です。

image

水平調整機能製作に挑戦

自分で機能を備えるには、最小限必要な10mmねじ切りタップとドリル本体とドルルの刃が2門必要です(刃4mmと9.5mm)。

16

①4mm程度で仮穴を4ヶ所あける。 注意:端末キャップを付ける場合には、取り付けてから位置を決める。

17

②9.5mmドルルで穴をあける。

18

③M10 P1.5mmのタップでねじ切り、 ゆっくりと回転戻しを繰り返してネジを切る(立てる)、グルス、潤滑油等を付けながら。

19

水平調整用ボルトナット M10-50mm

23

M10-50mm ボルトナットを捻じ込み完成

20

捻子タップ、ドリル等が無い方は、かん太金具でも取り揃えてございます。 (15-1R-500 15-1R-500A)

21

野外専用ベンチ3種類完成

単管パイプ野外専用DIYベンチ③ 完成

3

単管パイプ野外専用DIYベンチ② 完成

24

単管パイプ野外専用DIYベンチ① 水平調整で完成

22

締付トルク 標準12.5N     引張強度 5665N(578kg)

7_thumb1

引張強度 5665N(578kg)

Z-3-2T-_thumb3

野外専用金具

16_thumb3

尻に木材使用の単管ベンチ ちょと一休み

3-1

3-10

3-11

3-12

460

3-15

3-13

3-14

3-16

3-17

3-18

3-7

3-19

3-93-2

3-3

3-6

3-8

3-5