お支払い方法
単管パイプは販売しておりません。
足場パイプ.comから変更しました。

ピックアップニュース

HOME > ピックアップニュース > 単管パイプってどんな物 最近は1.8mm軽量タイプが主流 TPJ

単管パイプってどんな物 最近は1.8mm軽量タイプが主流 TPJ

足場パイプとも呼ぶ、外形48.6mmで肉厚1.8mmと2.4mm(現在は1.8mmが主流)と二種類あり,表面処理は外面ポストジンク(PZ)高純度溶融亜鉛メッキ層でメッキの剥離が無く、更に樹脂系透明保護被服して防錆力の高いクロムフリーコティングして表面も滑らかです。また内面は防錆焼付け塗料した仕様のパイプです。 また別にパーフェクトポストジンク(PPZ)内外面ポストジンク仕様もあります。

単管パイプ国内メーカーの大和鋼管工業㈱ デジタル総合カタログ へ リンク

TPJ(Tankan Pipe Joint)

単管パイプのプロに聞く 軽量パイプでも強度は変わらないのはなぜ???

64

単管パイプの製造元である、大和鋼管工業㈱の三宅さんに聞いてみた。 現代農業より抜粋

現代農業の単管パイププロに聞く へ リンク

56

かん太のパイプ豆知識

★ 従来パイプ製品 2.4mmの(一般構造用炭素鋼鋼管)JIS G 3444 引張強度 500 ニュートン

★ 軽量タイプ1.8mmパイプの鉄の素材の強度を上げた(高張力炭素鋼鋼管)引張強度 700 ニュートン

★ 現在主流の肉厚1.8mmは、肉厚2.4mmと比較すると、約24%も軽くて作業性が良く,引張強度も高張力炭素材仕様の為30%以上強くなっております

単管パイプ マーキング サンプル(上段肉厚2.4mm・下段1.8mm)お奨め軽くて強度もある1.8mmです

27_thumb1

25_thumb1

ココが重要・・・パイプは重ければ強いと思っていませんか????

 

 

58

サビに強い表面処理(zp)内外面滑らか

59

サビにも強く、軽くて強度も強い

60

パイプの規格

61

環境にも配慮した生産体制

62

63

単管パイプの可能性 使用金具の選択で、個性を生かした設計を出来ます。

かん太 継手でシーソーを作る と こうなる 平らの所なら移動が自由

460

16

pagetopに戻る