お支払い方法
単管パイプは販売しておりません。
足場パイプ.comから変更しました。

ピックアップニュース

HOME > ピックアップニュース > 3.☆Let’s Remake☆ボロボロベンチ! [#2]しっかり土台!足部分の組立から。。。

3.☆Let’s Remake☆ボロボロベンチ! [#2]しっかり土台!足部分の組立から。。。

【前回の記事】

3.☆Let’s Remake☆ボロボロベンチ! [#1]材料を揃えて、組み立てに備えよう!!!

 

 

足部分の作成

前回、一通り揃えた材料を使い足部分の作成を行っていきます!

 

使う材料はこちら。

  • 単管パイプ400mm×2本
  • Z-1-3K×2個
  • 11-1c-48.6×4個

 

~足部分のパーツから作成~

 

↓まず、Z-1-3Kをパイプの中心に配置できるようにパイプの中心部分にマークを入れる。

<ポイント>パイプの全体が400mmなので、単純に計算をすると中心が200mmになります。

 

 

↓Z-1-3Kのビスを一度取り外し、ビスの穴を先ほどマークした所に合わせる。

 

 

↓遠目からみると、こんな感じ。。。

<ポイント>野外専用(Z)タイプだと、ビスに緩み止め剤が付いています。上記の画像のようにビスを取り外すと、緩み止めのカスみたいなものが付いていますが、除去しない事を推奨します。

理由としては、ビスを締め付ける際に、緩み止めが金具とビスの間に上手く密着し、防水効果が期待できます。

 

 

↓マークとビス穴を合わせたら、Z-1-3Kを仮止めします。

 

 

↓仮止め後、、、

 

 

↓仮止めが終わったら、キャップ(11-1C-48.6)を単管パイプの両端に取り付けます

 

↓パカッと、はめるだけ、、、(笑)

 

 

 

↓右足と同様に、左足のパーツも作成していき同じパーツを二つ作ります。

 

 

~足部分全体の組立~

作った両足に、座る部分に繋がる支柱をジョイントします。

 

↓次は、300mmの単管パイプを使います。

 

 

↓やることは簡単。単管パイプを挿入して仮止めするだけ、、、(笑)

おなじみの仮止め工程。。。(笑)

 

 

↓この工程を二回繰り返し、二つ作ります。

 

 

↓いよいよ大詰め!最後に組み上げた両足と930mmの単管パイプを合わせて一つにします。

 

 

↓言わなくてもわかりますね?そうです仮止めです。(笑)

 

↓組上がりの全体はこんな感じです!

もうこれを見るだけで足部分ってわかっちゃうよね、、、(笑)

 

 

 

 

足部分完成~!!!

後は座る部分を作成するだけ完成です!

完成まで、もうひと踏ん張りしちゃいます(笑)

 

 

それでは、次回もお楽しみに~♪

 

 

 

pagetopに戻る