お支払い方法
単管パイプは販売しておりません。
足場パイプ.comから変更しました。

ピックアップニュース

HOME > ピックアップニュース > 【単管パイプ】必見!!!~軽量足場管”スーパーライト700“の最新情報~

【単管パイプ】必見!!!~軽量足場管”スーパーライト700“の最新情報~

カタログはこちら:デジタルカタログ(PDF)

単管DIYのパイオニアが語る、単管パイプ・足場パイプの重要性。

単管DIYに無くてはならない物、それは単管パイプ。

まず、単管パイプが無いと単管DIYは始まりません。また、どんなに良い接続金具や継手金具を使用していても、単管パイプ自体の強度が弱いと意味ないですよね?

 

ち・な・み・に、

 

一概に単管パイプと言っても、沢山の種類があるのはご存知ですか?

 

実は、メーカーやブランドだけに関わらず、単管パイプの長さはもちろん、肉厚も様々なんです。

単管パイプは最低強度はあっても、メーカーやブランドによってまちまち。。。

そこで、今回は弊社がDIYにおすすめしたい単管パイプをご紹介したいと思います。

 

ホームページはこちら:大和鋼管工業株式会社

スーパーライト700(SL700)は軽く、強く、環境に優しい足場管

 

このスーパーライト700は、初心者や個人に優しい単管パイプなんです。

 

【理由は三つ】 ①肉厚1.8mmの為、パイプ重量が軽く、作業性や運搬の負担が軽減できる。 ②肉厚2.4mmの単管パイプに比べ、肉厚1.8mmの方が許容引張荷重と許容曲げモーメントが強い。 ③労働安全衛生規則に適合している、実績のある単管パイプ。

 

そう、簡単に言うと、軽い!、強度が強い!、安心安全!なんです。(笑)

 

では、なぜそうなのかを詳しく見てみましょう!

 

①肉厚1.8mmの為、パイプ重量が軽く、作業性や運搬の負担が軽減できる。

従来品に比べ、パイプ重量が大変軽くなっています。

 

②肉厚2.4mmの単管パイプに比べ、肉厚1.8mmの方が許容引張荷重と許容曲げモーメントが強い。

そう、実は肉厚が薄い方が、強度が強いんです。これを知っているか知っていないかだけでも、DIYが変わってきます。

 

③労働安全衛生規則に適合している、実績のある単管パイプ。

もう見てわかりますね、安心安全です。

 

 

単管パイプの接続金具だけではなく、単管パイプ自体もこだわってみて、より良いDIY作品を作成しましょう!!!

 

 

カタログはこちら:デジタルカタログ(PDF)

ホームページはこちら:大和鋼管工業株式会社

 

 

pagetopに戻る