お支払い方法
単管パイプは販売しておりません。
足場パイプ.comから変更しました。

ピックアップニュース

HOME > ピックアップニュース > 4.【単管DIY】かん太で扉付き棚を作ってみた。 [#4]困難を乗り越えて。☆完成までの軌跡☆

4.【単管DIY】かん太で扉付き棚を作ってみた。 [#4]困難を乗り越えて。☆完成までの軌跡☆

【前回の記事】

4.【単管DIY】かん太で扉付き棚を作ってみた。 [#1]☆気合抜群☆作品構想から設計図まで

4.【単管DIY】かん太で扉付き棚を作ってみた。 [#2]盛りだくさん!?材料の用意

4.【単管DIY】かん太で扉付き棚を作ってみた。 [#3]コンマ差のズレが命取り!

 

~棚の組み上げ開始~

 

さあ、前回までに組み上げた枠組み等を使って、いよいよ棚を組み上げていきます!

使用する材料はこれだけです!

 

「え?少なくない?」って思った方いますか?(笑)

 

そうなんです。(笑)

意外と、前回までで大半は組み立てたので、ここまでくれば楽に組み上げられるんですね~♪

では、あともう一息!行ってまいりましょう!!!

 

土台部分の組み上げ

早速、基礎となる土台部分を組み上げていきましょう!

 

↓まずは、棚を設置する場所に前回作った枠組みを置いて・・・。

 

あれ・・・?

置けない・・・?

 

オーマイガーーーーッ!!!

 

 

そうです。前回の大悲劇はこれです。(笑)

早速組み上げていこうと思った矢先に足場を組み間違えました。。。(笑)

何事も、「初心を忘れずに。」ですね。。。(笑)

 

 

↓本当は、このS-15-3Y-500と、

 

↓こっちのS-1-3Kが、

 

↓逆でした。。。(笑)

 

↓早速、直していきます。

 

↓直しました。

 

さあ、気を取り直して棚を組み上げていきましょう!

 

↓手前の右側に1650mmの単管パイプを通しS-15-1Bを取り付けます。

 

↓右側の奥にパイプを通し、S-15-1A-500を取り付けます。

 

↓このような組み上げ方にすることによって、段差にも適応できます。

 

↓この状態では、まだ水平を保ててないので、水平器を使って水平調整を行います。

 

↓高さを微調整し、水平を出します。

 

↓水平になりました。 

 

 

 

二段目・三段目の組み上げ

 

↓左側二ヶ所にパイプを通し、仮止めを行います。

 

↓扉板の取り付けを行うため、25-1Rの加工を行います。

 

↓蝶番を重ね、マーキングをします。

 

↓次に、インパクトを使用して仮穴を開けます。

 

<ポイント>

仮穴を開ける前に、ポンチなどで予め後を付けておくと、仮穴が空けやすくなります!

 

↓仮穴を開けた後、実際に蝶番を取り付けます。

 

使用したドリルビスはこちら:M4-16(ステンドリルビス)

 

 

↓蝶番がしっかり取り付けられたので、一度取り外した後、加工済の25-1Rを単管パイプに通します。

 

 

↓二段目の棚板を取り付けていきます。

 

↓予めマーキングしていた取付位置のところまで、棚板を通していき、仮止めをしていきます。

 

 

↓二段目完成しました!

 

 

↓三段目も、同じ要領で組み上げていきます。

 

↓三段目も無事完成です!

 

 

天井部分の取付

 

↓最後に、天井部分も取り付けていきます。

 

↓こちらも二段目・三段目と同様に、取り付けていきます。

 

 

 

組み上げ完成!

 

↓棚が完成しました!

 

↓二段目・三段目もしっかりと水平を保てています!

 

 

最後に、全ての金具を本止めして、無事終わりました!!!

次回は、扉を付けたらいよいよ完成です!

 

 

それでは、次回もお楽しみに~♪

 

 

 

pagetopに戻る